電気代が気になる方へ|一条工務店の全館床暖房はいつから?設定温度は?

家づくり

こんにちは、れんきちです。

皆さん、冬の暖房代…気になりますよね?

わたしを含め寒冷地に住んでいる人は、特にそうだと思います。暖房代が冬場の家計に占める割合はバカになりませんから。

毎日のランニングコストってボクシングのボディブローと一緒で、1回のパンチは弱くても積もり積もって家計に響いてくるんですよね。

そんな床暖房の電気代。節約のコツは2つ。

・室温が17℃を切ったら使い始める
・電気代の安い深夜は昼間+2~3℃に設定する

今回は電気代が気になる方向けに、床暖房の賢い使い方を解説します。

全館床暖房のメリット・デメリット

最初に、床暖房のメリット・デメリットをおさらいしましょう。

一条工務店の大きなウリが、全館床暖房ですね。

収納と階段以外は基本的に床暖になるので、LDKはもちろん風呂場や脱衣室、洗面所やトイレそして寒冷地では玄関の土間にまで!床暖が入ります。

メリット

床暖房のメリットは、大きく3つ。

 ❶ 「タテの温度差」と「ヨコの温度差」がない 
 ❷ ホコリを巻き上げないので空気がきれい 
 ❸ 体の芯まで温まる 

まず1点目は、家の中に温度差ができない点。

同じ部屋の中で足元が寒くて、頭が暖かくなってしまうのが「タテの温度差」です。

温められた軽い空気は上にあがるので、サーキュレーターを使わない限り足元が寒くなります。

その点、床暖房は温源が床なので「足元ほっかほか」。輻射熱で下からじんわり温まるので、空気層の上下で温度差が生じにくいんです。

一条工務店の工場見学に行くと、床暖房とエアコンの2種類の部屋で比較体験ができるよ。

部屋と部屋で温度のムラができるのが「ヨコの温度差」。たとえば浴室と脱衣室。

毎年冬になると、浴室と脱衣室の温度が大きいために多くの人がヒートショックで亡くなっています。「ヨコの温度差」が少なくなればヒートショック・リスクも減らせます。

何よりも温度差のない家は、毎日の生活が快適。家の中の移動が億劫でなくなります

廊下が寒いと家の中を移動するのが億劫になるんですよね。旧宅がそうでしたが、暖房していない部屋は寒いので使わなくなりますし。

全館床暖房ならそういう「冬のデッドスペース」がなくなるので、家族が思い思いに好きな場所で過ごせて家を「広く」使えます。

個人的には、暖気が逃げないように「戸を閉めなさい」と子供たちに声掛けするストレスがなくなったのがうれしいですねw 

2点目のメリットは、 ホコリを巻き上げないので空気がきれいなこと。特に小さいお子さんがいる家庭では安心です。

エアコンのように温風が体に当るのあの不快な感じもありません。

床に触れた感じは「冷たくない」という感覚に近いので、小さな子供が床暖房で低温やけどする心配はありません。

3点目のメリットは、体の芯まで温まること。床暖房は足元から輻射熱で暖めるので、部屋全体を均等に暖めることができるからです。

人間の体は頭よりも足元を暖める方が体感温度が上がるので、この点からも床暖房は理にかなっているということですね。

デメリット

全館床暖房の唯一のデメリットは電気代

とはいえ、エアコンやファンヒーターを使っても電気代や灯油代はかかりますし、床暖房の快適さを考えたら費用対効果は高いと感じています。

短時間で空気中の水分が吸い取られてしまうエアコンと比べると、乾燥も少ないです。

もちろん、多少の乾燥はありますがロスガードの加湿機能「うるケア」があれば十分対応可能です。

床暖房の保証期間は?

保証期間は作動不良が5年、パイプの液漏れが10年。営業さんによるとパイプの液漏れ報告は、一条工務店全体で今まで1件もないとのことです。

床暖房を使い始めるタイミング

室温が17℃を切ったタイミングで、床暖房のスイッチをいれましょう。

というのも床暖房を入れ始める11~12月の湿度を考えると、17℃を切ると不快(寒い)に感じることが分かっているから。

皆さんの不快感、つまり夏ムシムシした暑さと冬の寒さは、「湿度」と「気温」に関係しています。

下のグラフを見てください。床暖房を入れ始める11~12月になると、湿度は60%あたりまで下がってきます。このとき、室温が17℃以上であれば「快適ゾーン」なので寒いとは感じません。

つまり横軸の気温がだんだん下がってきて17℃を切るときが、床暖房を開始するひとつのタイミングになります。

このとき判断の基準になる気温は、外気温ではなくあくまでも室温です。

一条ハウスは気密・断熱性が高く外気温が5~6℃まで下がっても室内は暖房なしで20℃なんていうのはざらなので、外気温を基準にすると判断を誤ります

ですから、天気予報よりも室内の温度計をチェックしましょう。

下の写真にある湿度計は、多くの一条オーナーが使っている定番商品。

絶対湿度が測れるのが特徴で、夏場の湿度管理にも役立つので購入をおすすめします(2,500円程度)。

わが家では、ワイヤーPIDに引っかけてます。

湿度計の設置場所は、一条ハウスは室温のばらつきが少ないので好きな場所でOK。迷ったら家族が一番時間を過ごすリビングがいいでしょう。

ただし煮炊きの熱や蒸気の影響を避けるため、キッチンからは離したほうが無難。

引き渡しの時に一条工務店から温度計・湿度計をいただきましたが、けっこう誤差があるので使っていません。

「運転開始」は深夜電力で

床暖房のスイッチは、必ず電気料金が安い深夜の時間帯に入れること。というのも、床暖は車と一緒で「動き始め」がいちばん電力をくうからです。

床暖房の設定温度

賢く省エネするための温度設定のコツは、料金が安い深夜電力をうまく使うこと。具体的には、深夜の温度を昼間より2~3℃高く設定します

例えば、こんなふうに。

昼間 ⇒ 設定温度 24℃
深夜 ⇒  〃  26~27℃

深夜電力は昼間の半額前後まで安くなるので、この時間帯にいっぱい使いましょう。楽天やAmazonでタイムセールの商品を買いまくるのと一緒。

契約する電力会社やプランや季節によって料金設定は変わってくるので、どの時間帯にいくらの単価になるかを電力会社のHPで確認しておこう。

昼間の適温は居住地や時期、家族の暑がり・寒がりの度合いによっても違ってくるので、設定温度を少しずつ上げ下げしながら探っていきましょう。

このほか、温度設定はだいたい部屋ごとできるので、あまり使わない部屋の温度を低めにするなどゾーンごとにマメに温度設定するのも省エネに有効です。

冬はシーリングファンを使わない

冬にシーリングファンをまわすと、じんわり発熱している床の暖気を攪拌して上に巻き上げてしまいます。冬場はシーリングファンを止めておきましょう。

まとめ

床暖房の電気代を節約するコツは2つ。

・室温が17℃を切ったら使い始める
・電気代の安い深夜は昼間+2~3℃に設定する

室温のモニターには、絶対湿度も測れる湿度計がおすすめ。

全館床暖房で生活してみての率直な感想…控え目に言って最高です。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました