【一条工務店の全館床暖房】初心者向けざっくりこれだけマニュアル

家づくり

こんにちは、れんきちです。
床暖房を使っている皆さん、操作パネルの設定ってむずかしくないですか?

「通常運転」とか「タイマー運転」とか「セーブ温度」とか「まいにちタイマー」とか…説明書読んでもよく分かんないんですけど…。

でも皆さんが機器の操作に弱いのでも、理解力が足りていないでもありません。ぶっちゃけこの操作パネルにユーザー目線がなさ過ぎて、ダメダメなんですよ。

ということで、床暖房を製造する長府製作所さんがもっと分かりやすく作ってくれていれば本来必要のない解説…それが今回の記事になります。

最初にお断りですが、わが家の床暖の操作パネルの型式は「CMR-2631」です。ほかの型式の方は、参考になりそうなところをつまみ食いしてください。

運転の種類は3つ

まずは運転の種類が3つあることを理解しましょう。

下の図の縦軸が「床温度」、横軸が「時間」です。

1つ目の「通常運転」は、床温度を一定にキープする運転方法。

この運転方法はメインではなく、「補助的に」使うのがおすすめです。というのは、メインの運転方法にしてしまうと電気代がかかってしまうから。

確かにほったらかしで一定温度を保ってくれるので楽な運転方法なのですが、エコではないので終日天候が悪く寒いときなどにサブで使いましょう。

2つ目の「まいにちタイマー運転」は、24時間を「高めの温度」と「低めの温度」に分けてメリハリをつける運転方法。

夜間の安い電力を有効に使えてエコなので、この運転方式をメインにしましょう。

3つ目の「入/切タイマー運転」は、指定した時刻に床暖を「入る/切る」する運転方法。

この運転方法は使いません。というのも「まいにちタイマー運転」で代用できるから。「入/切タイマー運転」の操作は覚えなくてもOK。

ここで一旦まとめておきます。

・通常運転➡補助的に使う
・まいにちタイマー運転➡メインで使う(次章で)
・入/切タイマー運転➡使わない

「まいにちタイマー運転」をマスターする

「まいにちタイマー運転」は「高め」「低め」の2つの温度を時間帯で使い分けて、メリハリをつける運転方法でしたね?

まずこれを覚えてください。で、温度は2種類↓↓

・高めの床温度=「通常温度」
・低めの床温度=「セーブ温度」

設定は、高め(通常温度)と低め(セーブ温度)で運転する時間帯を決めて、次にそれぞれの温度を設定するだけです。

順に解説していきます。

通常温度とセーブ温度の「時間帯」の設定

電気代の安い夜間を「通常温度」に、電気代の高い昼間を「セーブ温度」に設定します。

例えば、わが家の電気プランでは「22~翌8時」が安いのでこの時間帯を「通常温度」に、それ以外の時間帯を「セーブ温度」にします。

時間帯の設定は、暮らしながら必要に応じて微修正していきましょう。たとえば家族団欒の20時以降の温度をもっと上げたかったら、通常温度を「20~翌8時」に設定するとか。

具体的な操作の手順です。

①「ゾーン切換」ボタンを押して設定するゾーンを選択。

②「タイマー設定」ボタンを押すごとに表示が順に切り替わるので(下左の写真を参照)、「タイマー1」を選択。タイマーは2種類設定できますが、まずはタイマー1だけでOK。

③「◁戻り・送り▷」「△温度▽」を使って、高め(通常温度)にする時間帯と、低め(セーブ温度)にする時間帯を30分単位で設定。

丸い時計版表示では、高め(通常温度)は二重目盛りで、低め(セーブ温度)は一重目盛りです。

④「確定」ボタンを押す。(タイマー2に切り替わりますが、気にせず次のゾーンB~Dの設定を①から繰り返します)

通常温度とセーブ温度の「温度」の設定

次に、通常温度とセーブ温度を設定します。

① まず「まいにちタイマー」ボタンがOFF(ランプ消灯)になっているのを確認。

②「ゾーン切換」ボタンを押して設定するゾーンを選択。

③ 「△温度▽」 ボタンを使って「通常温度」を設定

④ 次に「タイマー設定」ボタンを3回押して「セーブ温度」を表示させる。

⑤ 「△温度▽」 ボタンを使って「セーブ温度」を設定

⑥ 最後に「確定」ボタンを押す。(「タイマー入」画面になりますが、気にせず次のゾーンB~Dの設定を①から繰り返します)

設定がすべて終わったら、「まいにちタイマー」ボタンを押してセットします。(ランプが点灯します)

「まいにちタイマー運転」はエコ

メインの運転方式は「まいにちタイマー運転」です。なぜなら電気料金の高い昼間の設定温度を下げることで、電気代が安くなるから。

(全館床暖房の電気代については、こちら👇でも解説しています。)

床暖の温度を「夜間」上げて「昼間」下げても、なぜ1日を通して室温にムラができないのか?

その秘密は日射取得にあります。昼間は、日射取得が床暖の低さを補ってくれるんです。

太陽の日射熱は「無料で手に入るエネルギー」です。1間幅の掃出し窓は、こたつ1台分に相当するよ。

ですから悪天候で昼間の日射取得が期待できないときなどは、終日一定温度で床を温める「通常運転」を行います

では熱が奪われる「熱損失」については、時間帯でどう変わるでしょう?

家の中の熱は、天井・壁・窓・床から逃げていきます。(断熱性が高いということは、この熱が逃げるスピードがゆっくりということですね。)

熱が逃げるのは昼間よりも、外気温が下がる夜間の方が大きくなります。

ですから、夜間の床暖を高くすれば「室温」が一定になるんです。

このように日射取得と熱損失を考えても、床暖は「夜間高く 昼間低く」が理にかなっていることがわかります。

まとめ

✔ 運転方法は3つ。
・通常運転➡補助的に使う
・まいにちタイマー運転➡メインで使う
・入/切タイマー運転➡使わない

✔ 電気代の安い夜間は「通常温度」に、電気代の高い昼間は「セーブ温度」に設定する。(具体の時間帯は、契約している電気プランを確認する。)

✔ 日射取得と熱損失を考えても、夜間と昼間でメリハリをつける「まいにちタイマー運転」が理にかなっている 。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました