【感動】1マスの自在棚にシンデレラフィット|無印ポリプロピレンケース 

収納

一条工務店の「1マス自在棚」をパントリーとして使っている方へ。

無印良品の幅26cmのポリプロピレンケースがシンデレラフィットすぎて神です。

1マス自在棚の棚板の幅は78cmなので、幅26cmのケースを3つ並べればピッタリ。

26cm ✕ 3個 = 78cm

今回は、1マスの自在棚にピッタリの収納ケースを紹介します。

無印良品ポリプロピレンケース(幅26cm)

写真:ホワイトグレー

幅と奥行きは共通で、高さのバリエーションが3つあります。引き出しは1つor2つ。

奥行き高さ引き出し
26cm37cm17.5cm1つ or 2つ
12cm1つ or 2つ
9cm1つ

色は3種類。

・ホワイトグレー
・半透明
・ホワイト

上の写真がホワイトグレー、下の写真が半透明です。価格は790~1,490円(ショップでは色により多少前後します)

写真:半透明

幅がピッタリで本体がズレない

色:ホワイトグレー

1マスの自在棚(棚板:AS 1530)に、こんな感じでジャスト・フィット。

(自在棚の寸法についてはこちらで詳しく解説しています↓↓)

横幅に余計な遊びがないので、ケースの引き出しを引っ張っても本体がずれません。ですから片方の手がふさがっていても、もう片方の手で引き出しをスムーズに開けられます。

奥行きは、棚板45cmに対して37cm(ちょうど棚柱の部分まで)なので棚板の手前8cmがちょい置きスペースで使えます。

でも、棚板とケースの幅が1mmも違わず同じ寸法だったら本当にケース3つが収まるか心配ですよね?

心配いりません。棚板は78cmなのですが、壁までは下の写真のように片側に約5mm(両側で約1cm)の余裕があります。

わが家のパントリー常備食:小分けのミックスナッツ

ちなみにわが家ではケースの引き出しに、小分けのミックスナッツを常備しています。

ナッツはビタミン・食物繊維・不飽和脂肪酸などの栄養価が高いですし、常備してあれば小腹が空いたときに気軽につまめます。

ジャンクフードに手が伸びていた過去の反省から常備してあります。

ただし、栄養価は高くてもカロリーもそれなりにあるので食べ過ぎ注意。

大袋だと食べ過ぎのリスクがあるので、ちょっと割高にはなりますが小袋の方が食べ過ぎることがないのでおすすめです。

いつも開けたてで新鮮なナッツを食べられるのも個包装のいい点。

体のことを考えるなら食塩不使用品がおすすめ。

慣れてない人は最初は物足りないかもですが、慣れれば食塩を使っていない方がナッツ本来の味がしておいしく感じられます。

写真はco-opブランドの19.5g/袋の商品

これまでいろんな商品を試してきましたが、おいしくて価格とのバランスが良く、ネットでも簡単に購入できるAmazon限定ブランド(個包装40袋)がおすすめです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました