窓が重要|FIXにして採光を4割アップ!

設備

この記事は、こんな方に向けて書いています。
・窓からいっぱい光を取り込みたい!
・窓の気密性が気になる

窓の選び方

窓の目的

窓を計画するときは、1か所ずつ、その窓の目的を考えましょう。目的は次のいずれかになります。

1 採光のみ
2 換気のみ
3 採光 + 換気

目的が採光のみの場合の窓選びは、「FIX窓」の一択です。

ほとんどの窓が「採光+換気」だろうと考える人が多そうですが、れんきちは、一条工務店で建てれば換気は不要になると考えています。

その理由は、一条工務店では、非常に優れた第一種換気システム「ロスガード90」が標準で設置されるからです。

ロスガード

「ロスガード90」は、花粉やほこりや黄砂などを9割以上除去する優れものです。

かつ熱交換機能がついているので、夏は室内の低い温度まで冷やして外気を取り入れ、冬は室内の高い温度まで温めて外気を取り入れます。

下の図は冬の場合です。いちばん右のロスガードは、0℃の外気を18℃(室内温度20℃の場合)まで温めて取り込みます。ちなみに、ロスガード90の「90」は、熱の交換効率90%からとっています。

出典:一条工務店HP

ただ、熱交換することで不都合なこともでてきます。

たとえば5月のちょっと暑い日でエアコンをつけるには早いが、窓を開ければが涼しい風が入ってくる、という時があります。

でも、窓を開けると、花粉やほこりや黄砂など、汚れた空気が入ってくるというデメリットがあります。

ロスガードには熱交換機能があるから、涼しい外気をそのまま入れたいのに、室温まで温めてしまうんだね

ここで朗報です。第三世代となる現行のPanasonic製のロスガードには、熱交換機能をOFFにできる「神」機能が搭載されたんです。

つまり、窓を開けずに、ロスガードの熱交換機能をオフにすれば、外の気温のままフィルターを通ったきれいな空気を室内に取り込めるんです。

ということで、現行ロスガードでは、窓を開けなくてもいい条件(FIX窓を採用できる条件)が揃っています。

FIX窓の特徴

窓には開く窓開かない窓があります。開かない窓は、「FIX窓」「はめ殺し窓」ともよばれます。

開き窓のかわりに、FIX窓を計画することで、大幅に採光面積をアップさせることができるんです。

サッシの幅

下の図をみてください。これは一条工務店のサッシ(ガラスの周りの部分)の寸法です。

この図のように、サッシの幅は、開き窓では87mmFIX窓では50mmです。FIX窓のサッシ幅が狭いところがポイントです。

外枠の大きさは同じなので、サッシ幅が狭いということは、ガラス部分が広いことを意味します

採光面積

サッシの幅がわかると、ガラス部分の面積がわかります。一条工務店のサッシの型番ごとに、採光部(ガラス部分)の面積を計算したのが下の表です。

型番開き窓の採光部FIX窓の採光部採光部の増加率
(開き窓→FIX窓)
20201.81 ㎡2.50 ㎡38.1 %増加
20303.09 ㎡4.00 ㎡29.4 %増加

一条工務店の窓の型番は4桁です。4桁「〇〇〇〇」の、頭の2桁が横幅下2桁が高さを表します。

型番の見方は、詳しくはこちらで解説しています。

2030 の場合は、「20」が横幅なので20寸(約60cm)、「30」が高さなので30寸(約90cm)です(1寸=3.03cm)

表の右列の増加率を見ればわかりますが、JK2030(開き窓)からJF2030(FIX窓)に替えることで、採光面積が29.4%増えます。

JK2020(開き窓)からJF2020(FIX窓)に替える場合は、なんと採光面積が38.1%も増えるんです。

れんきち宅では、2つのトイレに「2020」の窓を採用しましたが、JK2020(開き窓)からJF2020(FIX窓)に変更しています。

気密性

採光面積だけではありません。開口部がなく、壁にしっかり固定されるので、サッシからの空気の出入りがまったくありません。

FIX窓は気密性も高いんです。

気密性は FIX窓>開き窓>引き違い窓の順だよ。だから、れんきち宅では引き違い窓は1か所も使わなかったよ

まとめ

メリットがあるFIX窓の採用を、ぜひ検討してみましょう。

特にトイレなどにJK2020を計画している方には、採光面積が4割もアップするJF2020の採用を強くおすすめします。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました