子供の選択肢を狭めないために|NISAでインデックス投資を始めよう

子育て世代の資産形成

こんにちは、れんきちです。

「投資」って言われても家づくりで頭がいっぱいで、そんな心のゆとりはないですよね?

住宅ローンを考えればお財布のゆとりもないし…と考える気持ちは分かります。

でも今から資産づくりを考えておかないと、進学などでお金が必要になる10年後…子供の選択肢を狭めてしまいますよ。

既に投資で資産づくりを始めている家庭と、10年後には大きな差がついてしまいます。

というのも、お金をもっとも効率的に増やすコツは「時間を味方にすること」、つまり長期で運用することだから。

実例として、わたしが5年前に一般NISAで始めた投資の運用状況を紹介しますね。日本と米国のインデックスファンドを購入しました。

1,200,000円 ⇒ 2,075,072円
 (2017年積立)(2021.11.30現在)

わたしは早期に始められたので、5年で875,072円の含み益が出ています。計算すると年利14%

ということで今回は、子供の将来の選択肢を狭めないためにも早期に「NISAでインデックス投資」を始めましょう、という話です。

まずはNISA口座を開設する

NISAは金融庁が推奨する制度です。その背景には、「老後の資金は自分で貯めましょう」という意味が込められています。

つまり、国がもう国民の面倒を見きれないので、資産形成のための優遇制度をつくってあげますから自己責任で資産運用してね、ってことですね。

NISA制度のメリットは、購入した金融商品が値上がりして売却したときに税金がかからない点。

一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAがありますが、主流の「つみたてNISA」の場合、年間40万円までなら売却益が非課税になります。

通常は金融商品の売却益には税金が約20%かかるので、10万円の値上がり益がでた場合は2万円が税金で持っていかれて手元に残るのは8万円です。

しかし、NISA口座で購入すれば10万円がまるまる手元に残ります。

ぶっちゃけNISAにはメリットしかないので、始めないのは損

さすがに多くの人が気付き始めたらしく、ここ1年でつみたてNISAの口座数は倍増しているようです。

とはいえ、30代のNISAの口座開設はまだ1/10だそうで…もったいないですね。

ですから皆さんが30代だとして、もしNISAを始めれば金融リテラシーの高い上位1割デスよ。

NISA口座を開設するなら、おすすめは手数料が安くて使い勝手がいいオンライン証券のSBI証券楽天証券

国内最大手のこの2社なら安心です。ちなみに私は両方に口座を開設しています。

楽天証券の場合、口座開設までにかかる期間はオンライン申請の場合1~2営業日なので、これから申し込めば今年の40万円のNISA枠がまだ使えますよ。

インデックス投資を始める

NISA口座を開設したら、インデックス投資を始めましょう。

インデックス投資とは、「日経平均株価」など特定の指数と連動した値動きを目指す投資方法のことです。

「投資」と聞くと、ソフトバンクとかトヨタ自動車とかの個別株をイメージすると思いますが、初心者は大体失敗するのでおすすめしません。

過去の大失敗

現在はインデックス投資で大きな含み益が出ていますが、過去には大損もしています。

独身の頃は個別株投資をしていた時期があって、調子にのって買った株が100万円下落、なんてことも。

わたしのような失敗をしないためにも、リスク管理がしっかりできるまではインデックス投資一本でいきましょうね。

インデックスファンドは、多くの会社の株をひとつにまとめた商品です。

たとえば「S&P 500」というインデックスファンドは米国の代表的な500社をひとつにまとめた商品で、この商品を買えばマイクロソフトとかアップルとかAmazonの株をちょっとずつ持つことができます。

もしマイクロソフトの個別株に投資した場合は、マイクロソフトが倒産すれば投資資金はゼロ。

しかし、インデックスファンドの場合は複数の会社に投資しているので、一社が倒産しても全体へのダメージは少なくなります。

つまりインデックス投資は、個別株のように「企業」に投資するというより「経済全体」に投資をするイメージです。

ですからインデックス投資は、ローリスク&ローリターン。

ローリターンとはいっても、S&P500の2001~2020年の平均利回りは年6~7%ですよ。日本の銀行預金は0.001%の6,000~7,000倍です。

もちろん銀行預金と比べれば値動きは大きいですし、単年度で見れば元本割れになる場合もあります

しかし、過去のデータからも、長期で運用すれば高確率で得をすることが分かっています

ですので、インデックスファンドは、長期間でコツコツと堅実にお金を増やしたい方にはおすすめです。

投資初心者向けに、インデックス投資を具体的に説明している本を紹介します。

わたしがNISAを始めるきっかけになった本ですが、いまや高評価レビュー1,000件オーバーの「怪物本」ですねw

オンライン証券の口座開設方法から金融商品の選び方まで、対話形式でわかりやすく解説されています。

より分かりやすくした図解版も出ているようです。こちらは高評価レビュー1,700件オーバーですね。

まとめ

✔ 将来の子供の選択肢を狭めないために、早期に資産形成をはじめる。

✔ 金融庁が推奨するNISAは、メリットしかないので使わないと損。

✔ NISA口座でインデックス投資をする。口座はオンライン証券につくるのがおすすめ。

✔ 以上を分かりやすく解説してくれる「鬼押し」の本『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
より分かりやすい図解版ならこちら↓↓(1,000円なんてサクッと元はとれますよ)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました